優秀な人材獲得への一歩となる新卒者向け採用管理マニュアル

数多くいる新卒者の中から自社に適した優秀な人材を獲得するにはどうすればいいのでしょうか。毎年異なるプログラムを使って採用活動を行っている会社があるのですが、そのような方法は今すぐにでもストップした方がいいでしょう。なぜならば、採用活動にはマニュアルがあり、それに従って活動をすれば優秀な人材を採用できる確率を増やすことができるからです。そのためにはまず、新卒者の選定方法を変えなければなりません。それぞれの面接者が共通の質問をして、その答えによって新卒者を選んでいきます。異なる質問をするのではなく、同じ質問をすることが大切なのです。優秀な人材を自社に採用するためには、面接担当者の意識を統一することがなによりも重要だということが理解できるでしょう。

素晴らしい書類でも優秀とは限らない

新卒採用では、最初の段階で書類選考を行うのが一般的です。書類選考をせずにいきなり面接を実施する会社もありますが稀と言っていいでしょう。応募者全員を面接するには多大なコストがかかりますので、企業側としては書類選考で面接者を絞りたいというのが本音です。しかし、内容が完璧な書類を書いてきた新卒者だからと言って仕事ができるとは限りません。実際に会って対面で話をしてみることの重要性を意識しなければなりません。つまり、面接が新卒採用管理における最後の関門ということになります。そこで活用すべきなのが、採用管理マニュアルなのです。どんな質問をすれば優秀かどうかを理解できますし、面接官として持っておくべき心得があります。では、採用管理マニュアルにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

マニュアルを使って効率的に採用をしよう

面接官がそれぞれに異なる基準を持って面接を実施してしまうと大きなリスクが生じます。それは、会社内で優秀な人材はどういった新卒者なおかという意識が揃っていないことが原因となります。各面接官がマニュアルを身に付けることによって、統一のルールをつくることができます。まず、そのことを認識することが新卒者向け採用管理マニュアルを使うことの意義となります。どういった質問をしたらいいのか、そして受験者のどこを見ればいいのかを具体的に把握することが必要だということを強く認識しなければなりません。挨拶がしっかりとできる新卒者であれば、最低限のコミュニケーション能力は持っていることが分かります。このように、より具体的な基準を明確にしておくことが採用管理においては最も大切なのです。