知っておきたい新卒者の採用管理マニュアルとは

新卒の採用を行う時に、もっとも重要なのが採用管理です。新卒の募集からはじまり、説明会やガイダンス、セミナーなどの出席状況やインターン参加とのひもづけ、応募者の情報管理や採用結果の進捗、採用者の決定など、一連の流れのなかで切ってもきれないものが採用管理です。小さな会社や応募件数の少ない企業であれば、自社や担当者の裁量で問題ないかもしれませんが、ほとんどの場合、他社の新卒採用サービスを利用していたり、数えきれない人数が集まったりすることが常です。その中で、採用管理をどう行っていくのか、トラブルなくスムーズに進めていけるか、個人情報に配慮できるか、についての作業や管理のためのマニュアルを知っておけば、採用自体もスムーズに行えます。採用管理のマニュアルの内容について見ていきます。

採用管理の内容としくみについて

採用管理を行う際には、大手就職情報サイトと連携します。採用管理段階では、応募者のアクションのリアルタイム連動を見ることができ、サイトの個人ページで会員登録が可能など、応募機会を拡大することができます。新卒採用に加えて、内定者に対するフォローや人材の定着や活用に対応しており、グループ採用などの選考パターンにも柔軟に採用管理ができます。操作のひとつひとつはインターネットを使える人であれば操作することができるようなシステムになっており、ログインをするだけで、採用状況や個人の対応、フォロー・連絡など、あらゆることが一元して管理します。適性検査やSPI試験とも連動させることができるため、こちらも利用者はログインするだけで、試験結果などを管理することができます。

採用管理マニュアルの中身について

採用管理では、まず導入サポートを利用することでシステムの利用を開始できるように設定します。セキュリティの確認も最初に行います。そして、利用者登録画面や新卒応募者の管理の画面修正を行います。就活サイトや試験との連携を設定し、採用スケジュールなどを幅広く知らせるなどの作業を行えます。その後、結果に応じて連絡をとったり、内定者のフォローをしていきます。採用管理では、採用プロセスアウトソーシングサービスを利用することが多いためそれを利用することで、採用業務の負担減をめざし、採用成果を実現させることも可能です。採用管理では、最終的には、会社の採用動向やマーケット動向の把握、採用活動のPDCAを行います。また、それにより、採用における改善の提案を行います。